【№2】プロフィール文と無料レポート案を考える

2019年7月7日

アフィリエイト情報発信サイトのプロフィール文を作成

コンサルの先生にプロフィール文を提出して添削していただきました。

わりと褒めてくれましたが、やはりいくつか修正するべき点があるようで修正していきます。

以下、引用内の文は先生からの添削文です。

元のプロフィール文を載せていないので、分かりにくいかもしれませんが、先生のアドバイスは他の人にも有効かと思うので興味があったら読んでみてください。

プロフィールの提出ありがとうございます。

内容を確認させていただきました。

さすが書いたことがあるということで
クオリティが高いです。

ストーリー性もあり、
文章もテンポも読みやすくて良いですね。

見出しも、それだけ読んでいっても
話の流れがわかる良い付け方です。

>父親に「てめえ、いい加減にしろよ?」と凄まれ札幌の土木系専門学校に放り込まれる。

こういう描写もとてもいいです。
引き込まれます。

以下、気になった点についてお伝えさせていただきます。


>過酷な労働環境

こういったところは、
具体的な数値があると読み手もイメージしやすく
より感情移入できるようになります。

もし安さをアピールできるなら
具体的な給料の金額や
あとは実際に何時間くらい残業していたか
など数値化できると良いです。

確かに具体的な数字などを入れると真実味が出てくる感じがしますね。

朝5時から夜中の1時まで働いたという文と、給料はいくら残業しても17万円以下という文を追加しました。


ストーリー性を考えると
「2、過酷な労働環境」と「3、そしてリストラへ」の間に
プラスのこと(良いこと)があると、メリハリがあっていいです。

仕事で昇進して充実してきたとか
あるいは、私生活の話でもいいです。

ちょっと順調そうになったところで
リストラがあった方が印象深くなります。

ただし、今のままでも流れはいいので
無理やり入れる必要はありません。

一般的なストーリー展開でのお話しとして
お伝えさせていだだきます。

ここも確かに上げて下げてとした方がメリハリが効きそうですね。

無理に入れる必要はないとのことで、今回は修正せずに行くとします。

徐々に修正を加えてクオリティを上げていきます。


>でも一緒に働いた仲間は気の良い人達だった。
>地獄のような日々も今となっては良い経験だったと思えます。
>決してこのような結末は望んでいなかったが、会社に残れていても、
>結局人生を狂わされていたのでしょう。

この部分は「良い経験」と「人生を狂わされた」という
反する状況が、そのままの流れで並んでいるので
この段落の主旨や「良い経験」を出した意図が
わかりにくく感じました。

「結局その仲間たちも仕事を失った」という流れにするか
最後の文は逆接の接続詞などでつないでいった方が
いいかなと思いました。

良い経験を削除しました。

確かに流れが微妙な感じがするので、バッサリと削除です。


>数通のメルマガを送ったあと、情報商材やコンサル・塾を売って収入を得る。
>そうして収入を得るのです。

このような表現は、差別化にはなるかもしれませんが
ちゃんとした教育もできない状態なので
機会損失のリスクも大きいです。

メルマガの基本は間口を広くして、そして、
合わない人にはどんどん解除していってもらうことです。

まずは登録してもらって
無料で核となる情報を提供するのは現実的でないことや
お金を使って情報を得る重要性など
メルマガの中で伝えていきます。

言われて初めて気づく人もたくさんいます。

これが教育の段階です。

それでも、その考え方に共感してもらえなければ
解除してもらえばいいです。

基本的にメルマガはこんな感じです。

特に最初はなかなか人も集まらないので
できるだけ間口は広げた方がいいです。

ただし、自分の信念に基づいて
こういったことは最初に伝えておくべきだ
という考えであればその限りではありません。

信念というほど立派な考えで書いた訳でもないので、プロフィール文で読者を選別しないで、間口を広げて少しでもメルマガ登録してもらえるように文章を大幅修正しました。

■誤字について
以下の点で誤字があるようでした。

さすがに、先ほどのような怪しいい広告

さすがに、先ほどのような怪しい広告

やはりインターネットという目には見えずらい

やはりインターネットという目には見えづらい

売れる情報を何故無料で晒さなけれいけないのですか?

売れる情報を何故無料で晒さなければいけないのですか?

誤字の修正をしました。

誤字脱字はちょっと恥ずかしいですね。

以上、全体的にとてもよくできているプロフィールなので
このままの方向でいきましょう。

あとは実際にブログにアップするときは、
文字装飾や画像なども利用してください。

またプレゼントが決まったらそこも
もっとアピースしていきます。

以上となりますが、
わかりにくい点やその他の不明点などあれば、
ご遠慮なくご質問ください。

どうぞよろしくお願いします。

有益なアドバイスをいただき、加筆・修正を加えましたので、あとはブログに貼り付けて装飾します。

メルマガ登録特典レポートのコンテンツ案をコンサル先生に添削依頼

メルマガ登録特典用の無料レポートのコンテンツ案を提出して添削していただきました。

僕が少々先走ってしまい、先生の教材コンテンツを勘違いしてしていたようです。

ちなみに、一部伏字にしたのは、コンサル先生の独自コンテンツに関わりそうなのと、僕のレポートネタでもあるので伏せさせていただきました。

無料レポートのコンテンツ案について
ご提供いただきありがとうございます。

>・ターゲット(ネットビジネス初心者、40歳以上の男性サラリーマン、将来(主に老後)に不安を持っている)

すみません。
コンテンツでちゃんとお伝えしていなかったのですが
ターゲットは最終的にオファーする商材や**さんが自身が
提供する情報を欲してそうな人になります。

そうすることにより、
「この属性の読者さんには
どういうネタでメルマガを書いていったらいいか?」
など迷わなくてもよくなり
また、オファーに繋げやすくなります。

提供する情報、オファーする商材ありきで
ターゲットを考えた方が効果的ということです。

(商材名)は基本的な内容で初心者向きであるので
今回のターゲットで大丈夫ですが、
今後のこともあるのでお伝えさせていただきました。

なお、無料レポートのコンテンツについても同様になります。

提供する情報、オファーする商材ありきで
そういう人たちがどういう無料レポートを欲するか
というところから考えます。

>レポート案
最初に提供するレポートとしては
やはり稼ぐことに直結した内容の方がウケがいいです。

そういった意味では、タイトル的には
「資金ゼロ!リスクもゼロ!ブログもメルマガも
必要ない!初月で○○万円稼いだ方法とは?」
の方が魅力的にです。

ただ、「自己アフィリ」は最近はがっかりされる
ことの方が多いようにも思えるので
たくさんある中のひとつなら良いですが
これをメインで押すのはリスクがあります。

あるいは、自己アフィリであるとうことを
あらかじめ教えておいて、
単なる自己アフィリではなく、
プラスアルファのコンテンツを
提供するのが良いです。

自己アフィリが******************方法を提供するなど。

例えば僕の場合
******************
********************といった感じでレポートを作ったこともあります。

また、「***************************」のような物をもらったこともありました。

「**************」のようなレポートは
ある程度信頼関係ができてからの方が良いので
ステップメールの途中で提供するおまけレポート
として適していると考えられます。

時間を無駄にしている人も多いので
時間の大切さをしっかりと教育してから
渡した方が効果的だと思います。

そう考えると、最初に渡すレポートとしては
「********************************」の内容にもよりますが、これを稼ぎのイメージに
直結するような説明にできるようならする

欲を言えば、ブログ関連で稼ぐイメージに
直結するような内容のレポートがあるといいのですが。

ちなみに、(商材名)では
WordPressの設定方法については
詳しい説明がない、初心者向けではない
ということでよろしいでしょうか。

そうであるなら、
「************************」は効果的です。

以上となりますが、
わかりにくい点やその他の不明点などあれば、
ご遠慮なくご質問ください。

どうぞよろしくお願いします。