HTML5

【HTML5のお勉強】第1回 基本の記述をお勉強しました

HTMLのお勉強

僕はプラグラム関係は何も分かりません。

はい、超初心者です。

あっ、何も分からないとは言え、多少のHTMLやCSSはブログ作成に必要だったので、WEBでググりながら使ってはいたんです。

ただ。

全然覚えてないんですね(;^ω^)

同じような要素が必要になった時、前に調べて使っていたはずなんですが、覚えていないので、また調べ直していました。

そんなんじゃダメだ!

と一念発起して、本格的にHTML・CSSの勉強を始めました。

当ブログでは、その勉強の過程を忘れないように覚え書きした忘備録的な記事を書いていきますので、間違っていた場合は優しく教えてくださいね。

とりあえず全部は覚えきれないので、ブログ作成に使いそうなものだけをピックアップして書いていきます。

HTMLとは?

HTMLとはHyper Text Markup Language(ハイパーテキストマークアップラングエッジ)といって、ホームページなどの中身を書くコンピューター言語になります。

ホームページの中身を書くと言いましたが、HTMLだけではただの文字と画像データの羅列になってしまって、良く見る奇麗なホームページにはなりません。

ホームページの見た目を整えるには、HTMLにプラスしてCSSというソースコードを書かなければいけません。

CSSに関しては別個の記事カテゴリーで勉強しているので、興味のある方はそちらをご覧ください。

<!DOCTYPE html>

このコードは、HTMLで作ったドキュメントですよ!と宣言するために最初に記述するコードになります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="UTF-8" />
</head>
<body>
	HTMLで作ったドキュメントですよ!
</body>
</html>

<!-- コメントアウト -->

<!---->で挟まれた記述はブラウザに表示されません。

覚え書きや何のソースコードか分かるように書いておきたい時に使います。

まとめ

この記事では、基本的なHTMLの記述を書いていきます。

憶えた先から記事に追加していくので、中身がスカスカなのはご勘弁くださいね。

-HTML5
-